映画「127時間」、やっぱりすごく痛かった。

みなさん、こんにちは~!
今日も暑かったですね~。
ケンタッキーが創業キャンペーン中のようで、
今日はクーポン提示でフライドポテトが50円でした。
学生さん2人が、10袋も注文していて!!びっくり(笑)
さて!
先日、映画「127時間」を観に行ってきました。

「スラムドッグ$ミリオネラー」のダニー・ボイル監督最新作。
ロッククライミングを楽しむ主人公が、落石に石を挟まれてしまい、
谷底から一歩も動けなくなってしまうというストーリー。
その彼が死と向き合い、過去を思い返し、悲劇を乗り越えるまでの本当にあった物語。
(この時点で、大筋のストーリーは想像つくと思います)
映像も音楽もテンポも良かったけど…
とにかく、
痛い!!![:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:]
たぶん、私が今まで観た映画の中で一番痛い。
映画の5分の1くらいは目をふさがずにはいられない…
同じく、耳も。
本当に、痛い。
だけど…
あんなに、痛かったのに、なぜだか爽やかにさえかんじられるエンディング。
「結末を見届けて良かった」と思える作品。
主人公は、失うことでそれ以上のものを得た。
絶望的な状況で、自分を失わずに前を見つづけた127時間、
是非機会があれば劇場に行ってみてくださいね[:ジョギング:]
では、本日もみなさんからのご注文に感謝しつつ[:よつばのクローバー:]
また明日もよろしくお願いします。
[:ニコニコ:]
 お読み頂きありがとうございます
 下のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます
 是非、ワンクリックをお願いいたします
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
もう一回♪ ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ